葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報(3/12,13)

 暖かい日が続いてもうすっかり春…と思いきや冬の気候に逆戻り。先週はずっとそんなお天気でした。鳥たちもそんな気候を感じ取っているのか、すでに冬羽から夏羽に衣替えを済ませてしまったものもいるようです。私たちもそろそろ重いコートをしまう時期でしょうか?(田)

・猛禽類・・・やはり猛禽類はだんだんと見られなくなってきているようです。今週末はチュウヒのみ確認できました。先週現れたチュウヒは飛んでも誰も逃げださなかったのですが、今週はチュウヒが現れた瞬間、蜘蛛の子を散らすように鳥たちが飛び立っていきました。そしてその後すぐに、上の池のカモを狙ってアタックをしかけたのです。やはり鳥たちは猛禽類が襲ってくる時のオーラのようなものを感じとることができるのでしょうか。
・カモ類・・・先週はあまり種類が見られなかったのですが、今週はミコアイサの♂をはじめ様々な種類のカモが見られました。見られた種類は以下の通りです。マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、以上11種。
・その他の水鳥・・・猛禽類が減ってきたのに対し、セイタカシギは増えてきました。下の池でよく見られます。また、東なぎさとの間の水路ではすっかり夏羽になったカイツブリ類が観察できますよ。
・小鳥類①・・・12日(土)、樹林の方からウグイスのさえずりが聞こえてきました。練習が足りないのか、まだまだ上手にさえずれないようです。このウグイスのさえずりに誘われたのか、鳥類園では様々な植物の花が咲き始めています。
・小鳥類②・・・同じく12日(土)、ツリスガラが見られました。上の池のヨシ原に3~5羽ほど現れたそうです。このヨシ原ではツリスガラの他にオオジュリンやウグイス、セッカなどが観察できます。特にオオジュリン(写真上)はヨシの穂の部分にとまることが多くなってきたので見つけやすいですよ。
・小鳥類③・・・トラツグミがよく見られます(写真下)。鳥類園では北側の林内にいることが多いようですが、公園内の施設の1つである日本庭園周辺でもよく見られるそうです。また、週末は見られませんでしたが、9日(水)には「田んぼ」の木にとまっているアリスイを確認できました。
b0049363_0225968.jpg

b0049363_0232493.jpg
(上:オオジュリン ■2005.03.12 上の池周辺 )
(下:トラツグミ ■2005.03.12 下の池北側樹林地 )
[PR]
by choruien | 2005-03-15 00:19