葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien
 18日の午前中、「葛西東渚・鳥類園友の会」の方々による水質と水棲生物の調査が行われました。45人の参加者の中には、小学生のお子さんも混じり、調査といえども、終始楽しい雰囲気で行われたようです。
 上の池では、カダヤシという外来のメダカのほか、イトトンボの幼虫やテナガエビが、下の池では、ハゼやカニの仲間が数種ずつ採集されたようです。ただ、水質は悪化しているようで、我々としても、これからの環境改善を考えなければならない結果となりました。
 最後に、スタッフの皆さん、参加された皆さん、暑い中お疲れ様でした。
b0049363_212375.jpg

b0049363_21232880.jpg

b0049363_21235577.jpg

(写真はいずれも 2005年7月18日 撮影:藤山さん(「友の会」会員))
[PR]
# by choruien | 2005-07-21 21:27 | 鳥類園へのお客さま
 鳥類園スタッフ・中村イチオシの植物、ハマゴウが開花しました。海岸の砂浜に一面に咲き誇る紫色の花々は圧巻の一言です。これから9月にかけて見頃を迎えますので、まだまだ楽しむことができそうです。(田邉)
b0049363_1717960.jpg
b0049363_17171738.jpg
(■ハマゴウ 2005.07.17 下の池南側・海岸沿い 撮影:田邉 )

※ちなみに漢字では「浜香」と書きます。葉っぱはお香の主原料に、樹皮は線香の素材の一部になっていました。ちなみに秋以降に実る種子にも芳香があります。歴史は古く、平安時代の文献にも登場していました。
[PR]
# by choruien | 2005-07-21 17:17 | 鳥類園・花虫風月
 カワセミ同様、繁殖期になると鳥類園から姿を消してしまうハクセキレイですが、7月に入ってからヒナ連れで戻ってきたようです。ここら辺のハクセキレイはどこで繁殖しているのでしょうか?どなたかご存知の方、いらっしゃいますか?
b0049363_10104921.jpg
(■ハクセキレイの幼鳥 2005.07.09 下の池 撮影:田中さん夫妻 )
[PR]
# by choruien | 2005-07-21 10:10 | 鳥類園ミニ写真館

■ラブリーな野鳥たち①

 世間はいよいよ夏本番!という時期ですが、野鳥の世界では秋の渡りが始まっています。下の池がシギやチドリで久々ににぎやかになりました。提供していただいた写真から何点かご紹介いたします。
b0049363_15574959.jpg
b0049363_15581380.jpg
(■上:アオアシシギ 下:キアシシギ 2005.07.09 下の池 撮影:田中さん夫妻 )
[PR]
# by choruien | 2005-07-20 15:58 | 鳥類園ミニ写真館
 鳥類園では「海岸が近い」、「埋立地」という特異な環境のためか、とある種が大発生するということがあります。このクマバチは春から夏にかけて鳥類園に大量に発生するのですが、そのクマバチはどこに巣を作っているのかが昨年からの疑問でした。
 そして、とうとうクマバチさんのお家(巣)を発見することができました。なんと、ウォッチングセンターの手すりにあったのです。手すりは木製なのですが、そこにキツツキのごとく丸い穴をあけて家を作っているのです。しばらくその手すりの家を眺めていると、クマバチが出入りしているのを見ることができます。巣があるところの下には花粉らしき黄色い粉が落ちているので簡単にわかりますよ~。一度ご覧あれ!
b0049363_11501978.jpg
b0049363_11503198.jpg
(■手すりの巣に出入りするクマバチ 2005.07.17 ウォッチングセンター2F)
b0049363_11504274.jpg
(■巣の下には花粉の跡が…。子どもたちのフンも混じっているかもしれません)

※クマバチは名前にクマとありますが、こちらから手を出さなければ刺されることはめったにありません。刺されるとかなり痛いのでご注意を!
[PR]
# by choruien | 2005-07-20 11:51 | 鳥類園・花虫風月
 えー、毎回遅れること甚だしい「不良刊行物:鳥類園かわら版」ですが、先日5,6月号が出まして、紙面上の月数と実際の発行月のズレが追いつきそうな気配です(あくまで気配ですが・・・)。季節に合わせてカルガモ(5月号)、カイツブリ(6月号)なんぞを選んでみました。来館中の親子が観察のお供につかっている姿を見たりなんかすると、それだけで描いた疲れが吹き飛びます。ただいま7月号は作者の頭の中にしかありませんが、何とか月内発行をめざし鋭意作成中(!?)です。今度はゴ●サギの予定です。もし目についたらお手にとって下さいませ。(忠)
[PR]
# by choruien | 2005-07-19 20:54 | スタッフのつぶやき

★お疲れ様でした~!

 16日は定例の(仮称)ヨシ刈りサポート隊の活動日でした。
 ウォッチングセンターから見やすい場所に観察ポイントを作るため、2月から「コツコツ」と湿地を拡げています。この日は2名のスタッフの他に、5人の方に協力して頂きました(写真)。暑い中、ヨシやクズと「格闘」して頂いたお陰で、作業後はカルガモの親子が餌を探しに訪れ(最新情報に写真あります)、来館者にじっくり観察して頂くことができました。ご参加下さった皆様、お疲れ様でした。
※「(仮称)ヨシ刈りサポート隊」は毎月第1・3土曜の13:00~15:30に実施しています。詳しくはイベント情報まで。
b0049363_18414572.jpg

[PR]
# by choruien | 2005-07-19 18:48 | 鳥類園イベント情報
 暑い暑い3連休でしたが、気がつくと、はっきりしない梅雨が明けていました。いよいよ夏本番ですね。鳥類園では、カルガモがまだ子育て中で、カイツブリも度重なる失敗にもめげず営巣しています。けれど、いつのまにかオオヨシキリの声は静かになり、鳥たちの世界では、秋のきざしも始まっています。シギやチドリたちが長い旅の途中に立ち寄り始めていますよ。(忠)

・カモ類・・・カルガモは、2羽と3羽の雛をつれた親子が観察できました。毎週第1・3にボランティアさんと一緒にヨシを刈っているところで、両親子が熱心に餌をとっていてました。ホシハジロはいまだ♂2羽♀1羽が残っていました。最近気になるオカヨシガモですが、どうも左の翼にケガをしているようです。
・サギ類・・・最近ヨシゴイの情報が聞かれるようになりました。17日には2羽を下の池で確認しました。常連の方によると5羽ほどいるとか。朝、夕が見やすいようです。 
・カワセミ・・・上の池と下の池の間の水門のところで今年生まれと思われる1羽が餌をとっていました。
・シギ・チドリ類・・・秋の渡りが始まったようです。数は少ないですが、鳥類園に常連のキアシシギ(6羽)、アオアシシギ(4羽)、チュウシャクシギ(15羽)がやって来ています。また、16日には、クサシギも1羽確認できました。この他にはイソシギ1羽、コチドリ6羽も確認できました。もうすぐセイタカシギも居着いてくれると思います。
・コアジサシ・・・最近、3羽が上の池・下の池の上空を飛んで、餌を探す個体が見られます。池でも魚がとれることを覚えたのでしょうか?
b0049363_1355192.jpg

(湿地で採食中のカルガモ親子 2005年7月18日 下の池 撮影:中村)
[PR]
# by choruien | 2005-07-19 13:08 | 鳥類園最新情報
 今日(7/17)は、鳥類園でたくさんの面白い発見がありました。
 秋の渡りが始まった鳥類園は、野鳥の姿が増えはじめ、賑やかなのですが、それに負けずに賑やかだったのが昆虫をはじめとする鳥以外の生きものたち!全てをご紹介したいのですが、お勧めのモノから少しずつUPしていきたいと思います。
 まずはこのニュースからどうぞ!
 
 17日午前11時頃、東京都江戸川区臨海町の葛西臨海公園・鳥類園の公衆トイレからアズマヒキガエルが発見された。このカエルは女子トイレの便器の中に潜んでいたところを警備員の方に見つかり、のぞきの疑いがかけられ、身柄を確保された。しかし、取り調べの結果♀と見られ、写真撮影の後、上の池へ釈放された。以下は、釈放後の本人の弁。「最近暑くて暑くて・・・涼しくて湿気のあるところを探していたら、いつの間にか紛れ込んでしまったの。人間の使う「トイレ」というものだとは知らなかったわ」。
b0049363_20172543.jpg
(■身柄を確保されるアズマヒキガエル 2005.07.17 鳥類園北側公衆トイレ前にて)
b0049363_2017181.jpg
(■上の池にて釈放されるアズマヒキガエル 2005.07.17 上の池・通称田んぼにて)
[PR]
# by choruien | 2005-07-17 20:17 | 鳥類園・花虫風月
 上の池北側(通称・田んぼ)に、こんな3ショットが…
◆カワセミを意識して設置した枝の上にゴイサギの幼鳥
◆その下で目を閉じて休むオカヨシガモの♂
◆その奥で魚を狙うアオサギ

オカヨシガモの羽が損傷しているのがとても気がかりです。
怪我に負けずにがんばれ~!
b0049363_2091994.jpg
(■上の池・通称田んぼにて 2005.07.17 撮影:田邉 )
[PR]
# by choruien | 2005-07-17 20:09 | 鳥類園ミニ写真館

■この花の形に秘密が…

 長~い漏斗(ろうと)のような花の形状はチョウと仲がよい証し。昼よりも夜に芳香が強くなるこのスイカズラはチョウの中でもと仲が良いようです。
このスイカズラという名前は子どもたちが花の奥にある蜜をよく吸ったというところからつきました。チョウに混じってスイカズラの蜜を少しいただいてみませんか?
b0049363_10353874.jpg
b0049363_1036591.jpg
(■スイカズラ 2005.07.09 下の池東側の園路 撮影:田邉 )
[PR]
# by choruien | 2005-07-15 10:36 | 鳥類園・花虫風月
★鳥類園ナイトウォッチング
夏休み特別企画・第3弾!これで夏休みの宿題はバッチリ!
 昨年、大好評だったナイトウォッチングを今年も開催します。夜の鳥類園をスタッフと一緒に歩き、鳴く虫、コウモリ、夜に咲く花などの生きものを観察します。
 小学生以上が対象ですが、小中学生は保護者の同伴が必要です。
b0049363_1557766.jpg
樹上性のサトクダマキモドキです。鳥類園では夜に活動する生きものがいっぱいです。タヌキに会えるかも?
■日   時: 8/27(土)→18:00~20:00
         9/11(日)→17:30~19:30
         9/23(金)→17:30~19:30

■集   合:鳥類園ウォッチングセンター
■参 加 費:300円(保険代・資料代込み)
■持 ち 物: 懐中電灯、虫除けがあるといいです。
■定   員:50名・事前申込制(空きがあれば当日申込も可能です)
■申   込:葛西臨海公園サービスセンター(TEL:03-5696-1331)
■主   催:NPO法人生態教育センター
[PR]
# by choruien | 2005-07-13 16:02 | 鳥類園イベント情報
★鳥類園の昆虫ウォッチング
夏休み特別企画・第2弾!これで夏休みの宿題はバッチリ!
鳥類園にすむカマキリやバッタ、トンボなどの昆虫をつかまえ、観察します。
主に小中学生とその保護者対象です。
b0049363_15542896.jpg
鳥類園にいたオオカマキリ。他にもどんな生きものが見つかるかな?
■日   時:8/7(日)14:00~15:00
■集   合:鳥類園ウォッチングセンター
■参 加 費:無料
■持 ち 物: 帽子、虫捕りアミがあるといいです。
■定   員:20名
■申   込:当日受付です。直接ウォッチングセンターへお越しください。
■主   催:NPO法人生態教育センター
[PR]
# by choruien | 2005-07-13 15:54 | 鳥類園イベント情報
★水辺の生きものウォッチング
夏休み特別企画・第1弾!これで夏休みの宿題はバッチリ!
鳥類園の池にすむ魚やカメなどの生きものをつかまえ、観察します。
主に小中学生とその保護者対象です。
b0049363_15451431.jpg
日本在来のクサガメです。他にもどんな生きものが見つかるかな?
■日   時: 7/24(日)、8/21(日)13:00~15:00
■集   合:鳥類園ウォッチングセンター
■参 加 費:300円(保険代・資料代込み)
■持 ち 物: 帽子があるといいです。
■定   員:30名・事前申込制(空きがあれば当日申込も可能です)
■申   込:葛西臨海公園サービスセンター(TEL:03-5696-1331)
■主   催:NPO法人生態教育センター
[PR]
# by choruien | 2005-07-13 15:42 | 鳥類園イベント情報
 江戸時代の文献に「ゲンノショウコ」の名前が記載された歴史ある植物。乾燥した茎葉を煎じて飲むと、20分ぐらいで効果が現れ、「現の証拠」と名付けられたそうです。
 さらに興味深いことに、東日本では白花、西日本では赤花が咲くらしいです。個人的には白花のゲンノショウコが好きですね。雄しべの紫色と花弁の白色のコントラストが印象的です。
b0049363_1355345.jpg
b0049363_136338.jpg
(■ゲンノショウコ 2005.07.09 下の池北側の観察窓前 撮影:田邉 )
[PR]
# by choruien | 2005-07-13 13:05 | 鳥類園・花虫風月