葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

カテゴリ:鳥類園最新情報( 61 )

 明日からいよいよゴールデンウィークですね。今年はすばらしい曜日の流れ!まさにゴールデンなウィークになっています。
平日は無人のウォッチングセンターですが、土日・祝日は私たちNPO法人・生態教育センターのスタッフが観察のお手伝いをしています。つまり、ゴールデンウィーク期間中のほとんどの日にスタッフが勤務していることになるのです。野鳥観察がバッチリできる望遠鏡や、最新情報満載のボードを用意して皆様をお待ちしております!
b0049363_20165550.jpg
(■尾羽をフリフリ動かすかわいいイソシギ 2005.04.24 下の池・擬岩の観察窓 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-04-28 20:17 | 鳥類園最新情報
 とうとう鳥類園に夏の風物詩・オオヨシキリ&オオセッカが現れました。オオシマザクラに代わってサトザクラが満開を迎えている今、季節は初夏に移りはじめているのかもしれません。カエルや昆虫も増えており、園内を歩くのがとてもワクワクしてしまいます。みなさんが公園で発見した生きもの情報などをいろいろ教えてくださいね。(田)

・サギ類・・・コサギ、ダイサギ、アオサギは安定して見られます。夕方に寝ぐら入りするサギの数は、24日の5時半に数えた時には24羽でした。また、夜行性のゴイサギが杭の上に乗って魚を狙っている姿も観察できました。
・カモ類・・・先月まで3000羽いたホシハジロですが、23日にはわずか7羽になっていました。この7羽はこのまま越夏する可能性がありそうです。去年は巣作りをしているオオバンの邪魔をしていたようでしたが、今年は果たして…?
・シギ・チドリ類・・・シギがよく見られるようになってきました。コチドリ3羽、イソシギ1羽、アオアシシギ3羽、オオハシシギ3羽、チュウシャクシギ1羽(写真)、タシギ6羽、セイタカシギ10羽が見られました。また、お客様からウズラシギ1羽、キアシシギ7羽いたという情報をいただきました。
・小鳥類・スズメ・・・昨年に続いて、ウォッチングセンターの2階でスズメが子育てしています。枯れたヨシの穂をくわえて巣に運び込む姿を観察することができますよ。
・小鳥類(夏鳥編)・・・23日、オオヨシキリ&セッカの声が鳥類園に響き渡りました。これからどんどん増えていくと思われます。ツバメが何羽も飛び交う中、コムクドリ、キビタキが見られたという情報をいただいております。
b0049363_12164426.jpg
(■チュウシャクシギ 2005.04.24 下の池北側園路 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-04-27 12:16 | 鳥類園最新情報
 久しぶりにここを書くような気が・・・最近、T君に任せっぱなしだったので(^^;。先週末は体調を崩してお休みしたこともあり、久しぶりの鳥類園となりました。園内では桜を始めたくさんの花が咲き、いつのまにか春爛漫!上の池を埋め尽くしていたホシハジロもほとんど姿を消し、代わりにツバメやコチドリが渡ってきていました。生きものの変化は本当に早いですね。この最新情報もその変化をお伝えできるように更新していきます。(忠)

・サギ類・・・コサギ、ダイサギ、アオサギの数が増えてきました。そして、先週もお伝えしましたが、コサギやダイサギは婚姻色になり、色が変わった個体が混じっています。ダイサギは目先が青緑色に、コサギは目先と足の指がピンクになっています。
・カモ類①ホシハジロ・・・先週からさらに減って日曜には約30羽ほどになっていました。キンクロハジロの方が多い位です。昨年の夏もこれくらいの数が居残っていたことを考えると、北に帰る個体はほぼいなくなってしまったのかも知れません。
・カモ類②その他・・・ホシハジロの他には、カルガモ4羽、コガモ30羽、オナガガモ1羽、ハシビロガモ9羽、オカヨシガモ1羽、キンクロハジロ40羽、スズガモ2羽が上の池で観察できました。残念ながらミコアイサは確認出来ませんでした。
・猛禽類・・・この週末には確認できませんでした。オオタカ達はそろそろ繁殖のために、丘陵地などへ帰ったのかもしれません。
・シギ・チドリ類・・・コチドリ7羽、アオアシシギ1羽、オオハシシギ3羽、タシギ4羽、セイタカシギ7羽が見られました。お客さんによるとイソシギもいたそうです。これからGWにかけてさらに増えると思います。これから楽しみです(^^。
・その他の水鳥・・・久しぶりにバンが観察できました。オデコの「額板」と呼ばれるところが真っ赤な個体でした。今年こそはカワイイ雛連れを見てみたいですね。
・小鳥類(さえずり編)・・・そろそろ小鳥たちも移動の前にそわそわしているようです。日曜の午前中には、アオジの声が、夕方にはアカハラの声が聞こえてきました。
・小鳥類(夏鳥編)・・土曜日にツバメが観察できました。もう来ていたのかもしれませんが、一応鳥類園初記録です(^^;。
・小鳥類(青い鳥編)・・・土曜日にもイソヒヨドリの雄1羽が旧江戸川で観察できました。
・お客さま情報・・・東なぎさでミヤコドリ44羽、西なぎさでコアジサシ3羽いたとの情報を頂きました。川原さま、いつもありがとうございます。
[PR]
by choruien | 2005-04-13 17:09 | 鳥類園最新情報
 ようやく桜が開花しましたね。この日は葛西臨海公園でも桜祭りが行われ、たくさんの人が訪れました。ですが、皆さんもご存知のとおり、まだまだ桜は3分咲き。満開までは少し早かったようです。鳥類園でも冬鳥と夏鳥の入れ替わりがみられます。2日には下の池にオオハシシギが現れました。これから下の池がにぎやかになっていきますよ!(田)

・サギ類・・・コサギ、ダイサギ、アオサギがよく見られます。3日には鮮やかなコバルトブルーに染まった婚姻色のダイサギが見られました。1日にはチュウサギも現れたとの情報もいただきました。大・中・小、そろい踏みですね。
・カモ類①ホシハジロ・・・常連さんから「上の池がスカスカになってしまいましたね。」という声が聞こえるくらい、数が減っています。2日に数えてみたところ、243羽でした。来週は何羽になっているでしょうか?
・カモ類②・・・ホシハジロが減ってしまったおかげで?、他のカモが見つけやすくなっています。カルガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロ、ミコアイサが上の池で観察できました。3日にはオナガガモが珍しくクイの上で休んでいました。
・猛禽類・・・2日にはチュウヒが海側に1羽、上の池に1羽現れ、3日にはツミが鳥類園上空を通過していきました。チュウヒは上の池の島状の草地にお気に入りの休憩場所を作っているようです。
・シギ・チドリ類・・・コチドリに続いて、オオハシシギが3羽見られました。まだ赤色が薄く、完全な夏羽になっていないようです。その他、セイタカシギ、イソシギが観察できました。
・小鳥類①ツグミ類・・・ジョウビタキ♀がまだ下の池付近の草地で見られます。アカハラ、シロハラと思われるさえずりも樹林地から聞こえてきました。
・小鳥類②ツリスガラ・・・3日、上の池(淡水池)のアシ原で、3羽のツリスガラがいたという情報をいただきました。先週見ることができた3羽と同じ個体でしょうか?
・おまけ・・・3日の夕方、先週に続いてアブラコウモリを見かけました。まだ日も落ちていない明るい時で、虫を懸命に追いかける様子をじっくり観察することができました。
b0049363_1250393.jpg
b0049363_13322190.jpg

(婚姻色のダイサギ ■2005.04.03 上の池・田んぼにて 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-04-04 13:59 | 鳥類園最新情報
 遅くなってごめんなさい。
 先週末は、ホシハジロの数が「ググッ」と減って、茂みからはウグイスの声、池からはオオバンの声も聞こえて来ました。あとは桜の開花を待つばかり、(そしてお花見?)の鳥類園でした。この調子で春に向けてまっしぐらなのでしょう。そろそろ北へ渡ってしまう冬鳥達の見納めに、是非遊びに来て下さい。(花粉症でつらい忠)

・サギ類・・・最近、上の池、下の池で姿を目にすることが多くなりました。まだ数は少ないですが、コサギ、ダイサギ、アオサギが魚などを探しています。
・カモ類①ホシハジロ・・・先週も数が減っているとお伝えしましたが、27日には200羽ほどになっていました。まだこれからも増減はあるかと思いますが、ちょっと寂しいですね。
・カモ類②コガモ?オナガガモ?・・・26日に、上の池(淡水池)の杭の上に不思議なカモを発見しました。頭はコガモで、体はオナガガモ。当日担当の佐藤くんによる「体がやけに大きいコガモにみえて気持ち悪い」というコメントが・・・。次の日は見ませんでしたが、どなたか見ました?(写真)
・カモ類③ミコアイサ・・・27日に雌2羽が上の池で見られました。
・猛禽類:ひさしぶりにオオタカ・・・27日、最近ご無沙汰のオオタカ(幼鳥)が現れました。下の池(汽水池)の上空を舞っていました。また居着いてくれるでしょうか?
・シギ・チドリ類・・・タシギ、コチドリが見られています。そろそろ他のも渡ってくるでしょうか。
・小鳥類①ツグミ類・・・皆さんお目当てのトラツグミが1羽見られた(26日)ほか、アカハラ、シロハラ、ジョウビタキもまだまだ健在です。
・小鳥類②ホオジロ類・・・上の池(淡水池)の「たんぼ」では、岸に積み上がったヨシにホオジロやオオジュリンが集まっています。
・小鳥類③ツリスガラ・・・上の池(淡水池)のアシ原で、久しぶりにツリスガラを確認しました。ウォッチングセンターから声も聞かれました。最近、お客さまからの問い合わせの多いこの鳥もそろそろ中国大陸へ移動してしまいます。
・おまけ・・・27日の夕方、園内でコウモリ(たぶんアブラコウモリ)を見かけました。スタッフの間では今年初の記録でした。
・なぎさ情報・・・日本野鳥の会東京支部さんの探鳥会での記録によれば、渚にはスズガモ約47,000羽、カンムリカイツブリ約1,500羽、ハジロカイツブリ約300羽がいるそうです。スズガモの群はとにかく「圧巻」ですよ。そろそろユリカモメも増えて来ると思います。
b0049363_14353711.jpg

(2005年3月26日 コガモ×オナガガモ 上の池(淡水池) 撮影:佐藤方博)
[PR]
by choruien | 2005-03-31 14:42 | 鳥類園最新情報

★上の池・水門開放!!

 20日(日)に上の池の水門を開放し、大量の水を放水しました。
鳥類園・上の池では、冬の間、カモたちのために水位を高く保っています。逆に夏の間はサギやシギたちが食べものをとりやすいように水位を低くしています。
 3000羽以上のカモたちの居場所になっていた上の池ですから、その池の底には大量の糞尿が貯まっています。この放水はこれらの底に貯まったヘドロも流すという意味もあるのです。
今年度は雨が少なかったため、定期的に放水することができませんでした。かなりのヘドロが蓄積していたらしく、今までにないくらいの水の汚れ方をしていました。
 これからも定期的に水門を開放し、放水していく予定です。大量の水が流れ出る光景は一見の価値有りですよ!開放する日が決まり次第、このブログにてお知らせしたいと思います。
b0049363_0194529.jpg
(水門上の池側 ■2005.03.20 撮影:田邉 )
b0049363_020120.jpg
(水門下の池側 ■2005.03.20 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-03-23 00:19 | 鳥類園最新情報
 この3連休は晴天に恵まれましたね。暖かい日が続き、本格的な春の到来を感じました。この気候にほだされたのか、先週まで2000羽以上いたカモのうちの半分以上がいなくなってしまいました。これからだんだんとカモの数が減っていってしまうと思うと、少し寂しい気もします。ですが、別れがあれば出会いもあり。下の池には、夏のお客さであるコチドリがやってきました。(田)

・カモ類①・・・上述した通り、先週は2000羽以上いたホシハジロですが、今週は1000羽以下になっていました。20日(日)には、なぜかお昼までの間にほとんどのホシハジロが移動してしまったため、お正月の町中のようにガラガラの上の池になってしまいました。

・カモ類②・・・20日、21日とパンダガモことミコアイサの♂1羽と♀4羽が見られました。♂1羽を♀が取り囲むというハーレム状態でした。その他のカモでは、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモなどが観察できました。

・その他の水鳥・・・コチドリが下の池・擬岩の観察窓の前で見られました。19日(土)には2羽しか見られませんでしたが、21日(月)には7羽以上も見られました。黄色いアイリングがしっかりと目立つ夏羽になっています。その他、セイタカシギやタシギも観察できました。

・小鳥類①・・・先週に続いて、ウグイスのさえずりが聞こえてきます。ウォッチングセンターの周りの樹林帯がなわばりなのか、建物内にいてもよく聞こえます。

・小鳥類②・・・ツグミ(写真)、ジョウビタキ、アカハラ、シロハラなどの冬鳥もまだまだ見られます。運が良ければ普段は聞くことができない繁殖期前のさえずりを聞くことができるかもしれません。

・小鳥類③・・・トラツグミが相変わらず北側の樹林地で観察できます。残念ながらツリスガラ、アリスイは確認できませんでした。これらの鳥はいつまで鳥類園にいてくれるのでしょうか?
b0049363_07019.jpg
(ツグミ ■2005.03.19 下の池南側園路 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-03-23 00:06 | 鳥類園最新情報
 金曜日に春の大雪が降りました。「もう春が来た!」と思って目覚めたカエルや、花を咲かせた樹木達もびっくりしたことでしょう。降り積もった雪で満足に食べものを採れなかったためか、雪溶けの土曜日にはあまり人を恐れずに一心不乱に採餌する鳥が多かったように思えます。明日からは暖かい日が続くそうです。いよいよ本格的な春到来でしょうか?(田)

・猛禽類・・・目に見えて種類が減ってきました。鳥類園から確認できた猛禽類はチュウヒ1種のみでした。最近セイタカシギが増えてきたのは、猛禽類が減ったからなのでしょうか。
・カモ類・・・様々な種類のカモがいた上の池ですが、今週はホシハジロとキンクロハジロ、そして1,2羽のオナガガモ、ハシビロガモ、コガモにとどまりました。どうやら下の池、東なぎさとの間の水路に移動しているようです。6日には下の池にコガモ40羽、ハシビロガモ6羽、カルガモ2羽が入りました。
・ヨシ原の鳥たち・・・下の池に広がるヨシ原ではクイナ、タシギ、ウグイス、シジュウカラ、セッカ、オオジュリン、スズメに会えました。お客様からの情報になりますが、鳥類園内には3羽のクイナがいるそうです…。臆病な鳥なので、出会うにはじっくりと待つ根気が必要なようです。
・トラツグミ・・・最近、トラツグミの目撃情報が増えています。鳥類園でも毎週現れています。サービスセンターの近くにある日本庭園の周りには4羽のトラツグミがいるそうですよ。
・巨大ガモ?!・・・5日、ウォッチングセンターの北側に全長1mの巨大ガモが出現しました(写真)。残念ながら6日にはいなくなってしまいました。尾が沈んでいるところをみると淡水ガモではなく、潜水ガモのようですね。素晴らしい雪のアートを作って下さった方、ありがとうございました!
b0049363_2212332.jpg

[PR]
by choruien | 2005-03-06 22:16 | 鳥類園最新情報
 先週末は冷え込みましたね!特に土曜日は今冬で一番の寒さだったように思えます。そんな中、鳥類園の電気がストップ!悪いことは重なるものです。寒さは我慢できても、トイレは我慢できません。我々がどれだけ電気に依存しているのか痛感させられた2日間でした。閑話休題。そんな寒さの中でも多くの鳥たちが姿を見せてくれました。特に『田んぼ』はたくさんの鳥たちで大賑わいでしたよ!(田)

猛禽類・・・、26日はトビしか確認できませんでしたが、27日には下の池にチュウヒが、海側にはハヤブサ(成鳥)が現れました。27日の午後3時頃には下の池の水辺にて、セイタカシギのすぐ側にチュウヒが降り立つという面白い場面が見られました。チュウヒを気にする様子もなく、セイタカシギ、コガモ、オオバン、タシギが取り囲んでいる様子がなんとも滑稽でした。
・カモ類・・・いつもの常連のカモたち~ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ~に会えました。いつもは上の池にいることが多いカモ類ですが、27日には下の池で20羽ほどのコガモ、ハシビロガモの群れが見られました。
・セッカ・・・下の池のヨシ原で見られると噂のセッカにとうとう遭遇!オオジュリンかと思って見過ごしてしまうところでしたが、長く留まっていてくれたためしっかりと確認することができました。
・田んぼにやってきた鳥たち・・・27日の田んぼは大にぎわい!たくさんの鳥がやってきました。→ハシビロガモ、オオバン、クイナ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワセミ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、モズ、ツグミ、トラツグミ、そしてアリスイ(写真)!
b0049363_23214124.jpg
アリスイさんとは12月以来の再会です。ネコに食べられてしまったのでは…と噂もされてましたが、無事だったんですね~(2005.2.27 上の池 撮影:田邉)
[PR]
by choruien | 2005-02-28 23:01 | 鳥類園最新情報
 先週から続いている電気系統のトラブルで、鳥類園の電気・トイレが使えない状態になっております。ご来園頂いたお客様にはご不便をお掛け致しまして、大変申し訳ありません。次の週末までには、トイレだけでも使えるようにしたいと、公園サービスセンターの方からお話を頂いております。
 修理などの情報はできる限りこのブログで紹介していきます。お出かけの前には、こちらを確認して頂くか、公園のサービスセンターへご連絡頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。

                           鳥類園チーフスタッフ 中村忠昌
[PR]
by choruien | 2005-02-28 18:08 | 鳥類園最新情報