葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

カテゴリ:鳥類園最新情報( 61 )

 梅雨入りした関東地方ですが、先週末は雨が降らず、晴天に恵まれました。18日は定例のヨシ刈りイベントの実施日だったので、雨が降らずに一安心といったところでした。地元の方々を中心としたグループ・鳥類園友の会さんの協力もあり、だいぶ見違えましたよ。一度見にきてくださいね。(田)

・カイツブリ・・・18日、とうとうヒナ連れのカイツブリが見られました。見られたヒナは1羽のみでしたが、親鳥と一緒に上の池を泳いでいました。昨年は親鳥の背中に乗っている姿を確認できましたが、今年もこのような光景が見られるでしょうか?
・ゴイサギ・・・19日、完全な成鳥と昨年産まれたと思われる幼鳥の計2羽のゴイサギが下の池で観察できました。本来なら夜に活動することが多い夜行性の鳥ですが、この日は午前中朝早くから見られました。ゴイサギの成鳥は、背中が緑黒色でお腹が白く、垂直姿勢でとまることが多いので、ペンギンのように見えるんですよ。
・セイタカシギ・・・繁殖が終わった個体でしょうか?1羽の♀が18日の夕方と19日の午前中に下の池で見られました。ヨシ刈りイベントで管理した場所で採餌をしていたので、私たちの嬉しさもひとしおでした!
・オオヨシキリ・・・いつものとおり元気に囀っています。ウォッチングセンター2階から望遠鏡を使ってさえずる姿を観察できますよ。
・カワセミ・・・繁殖期である4月に入ってから、鳥類園ではあまりカワセミを見ることができなくなっていましたが、18,19日と続けて観察することができました。上の池と下の池を結ぶ水門で見られたのですが、すぐに飛んでいってしまったため、オスかメスであるかもわかりませんでした。もしかしたら、巣立って間もないヒナだったのかもしれませんね。
b0049363_1332973.jpg
 (■ヨシ刈りイベントの様子 2005.06.18 下の池 撮影:小林 )
[PR]
by choruien | 2005-06-20 13:04 | 鳥類園最新情報
 常連さんと「何もいないですねえ」と挨拶代わりに言ってしまう今日このごろですが、12日の午前中には、なんとサシバというタカの仲間が見られました。
 初めは上の池上空を西へ飛んでいく姿を発見。けれどこのときは後ろ姿のため、はっきりと種の同定はできませんでした。その後、下の池上空でも同じ個体を確認(同じ場所の羽が欠けていたのでそう判断しました)。そのまま降りてアカマツにとまったところで、初めてサシバと分かりました。
 本来であれば、どこかの谷戸で子育てしている頃だと思うのですが、繁殖にあぶれてしまった個体でしょうか?このまま居着くのか、どこかに飛んでいってしまうのか?気になるところですね。
[PR]
by choruien | 2005-06-13 16:49 | 鳥類園最新情報
 とうとう梅雨入りしましたね。生きものにとっては恵みの雨となるのでしょうか。今年は平年通りの梅雨模様になるという予報が出ていますが、ワガママを言えば鳥類園に入る週末だけは晴れてほしいと思ってしまいます。(田)

カイツブリ・・・先週に続いて上の池(淡水池)で、巣に座っている個体をみつけました。卵を抱いているのかどうかは確認できませんでしたが、ヒナ連れの姿が見られる日が来るのを願ってやみません。
ゴイサギ・・・11日の午前中に下の池を飛翔しているのを確認しました。他のお客様からササゴイを観たという情報をいただきましたが、スタッフが確認することはできませんでした。昨年、常連さんの心を躍らせたヨシゴイが観られるのはもう少し先でしょうか?
ホシハジロ・・・本来ならシベリアの方に渡っていってしまうはずのカモですが、鳥類園では夏場も少数のホシハジロが見られます。11日は下の池で採餌している個体が観察できました。
・シギ・チドリ類・・・今週はキアシシギ、コチドリが下の池で1羽ずつ見られただけでした。先月鳥類園で見られた他のシギたちは、今頃子育ての真っ最中でしょうか?!
オオヨシキリ・・・いつものとおり元気に囀っています。ウォッチングセンター2階から望遠鏡を使ってさえずる姿を観察できますよ。
ハシブトガラス・ハシボソガラス・・・普段はあまり鳥類園では見かけない2種ですが、孵化したてのヒナを狙っているのか?、上の池、下の池上空を飛んでいることが多いです。彼らは本当に知恵者ですね。
[PR]
by choruien | 2005-06-12 22:29 | 鳥類園最新情報
 早くも6月になりましたね。今年はどうも水鳥の繁殖が遅れているようで、ちょっと心配です。オオバンの巣もみつかっていません。もし見かけた方はお知らせ下さい。(忠)

・カイツブリ・・・上の池(淡水池)で、巣に座っている個体をみつけました。抱卵日数は20~25日ということなので、ヒナの姿を見かけるのは、もう少し先かもしれません。
・カラシラサギ・・・4日の午前中に東なぎさとの間の干潟で確認しました。昨年も5月中旬から10月下旬までいてくれましたが、今年はどうでしょう?
・カルガモ・・・雛を連れたカルガモが、上の池(淡水池)で見られました。4羽の雛を連れていましたが、開けた所にはあまり出てこないので、よく見て探してくださいね。
・シギ・チドリ類・・・春の渡りはだいぶ落ち着いて、鳥類園ではコチドリが見られたくらいでした。でも、東なぎさ、西なぎさではチュウシャクシギやシロチドリ、メダイチドリもいたそうです。西なぎさ(葛西海浜公園)で観察するには開園直後(9:00すぎ)がお勧めです。
・オオヨシキリ・・・いつものとおり元気に囀っています。この週末は鳥類園全体で8羽を確認しました。
・小鳥類・・・コメボソムシクイが4~5日に下の池周辺の樹林で確認できました。この種はメボソムシクイの亜種で、鳴き声の違いで識別できます。メボソが、「チョリチョリ、チョリチョリ」と鳴き、「銭取り銭取り」と聞きなせるのに対して、「ジジロ、ジジロ」と聞こえます。北海道の東部・北部で繁殖するようです。

◎お客さま情報
 5日に西なぎさでクロハラアジサシ(1羽)がいたそうです。この種は、昨年の5月23日にも東なぎさで確認されています。このときはキレイな夏羽で、20羽くらいの群でした。
[PR]
by choruien | 2005-06-08 11:41 | 鳥類園最新情報
新年度になって(・・・ってもう6月ですね。すみません)新しいスタッフも入ったので、ちょっと更新してみました。宜しくお願いします。
[PR]
by choruien | 2005-06-02 22:27 | 鳥類園最新情報
 この週末は、春の渡りも一段落して、ちょっと落ち着いた鳥類園でした。それでもカルガモが雛を連れていたり、池の岸の草むらにはイトトンボが群れていたり、生きものの季節は、着々と夏に向かって進んでいるようです。そろそろカイツブリも雛を連れて出てきて欲しいですね。(忠)

・カモ類①・・・雛を連れたカルガモが、上の池(淡水池)と東なぎさとの水路で見られました。それぞれ5羽、3羽の雛を連れていました。どちらもまだヒヨコのような大きさでした。これからすくすくと大きくなりますよ。
・カモ類②・・・いつまでも北に帰らないホシハジロに混じって、土曜日はオカヨシガモの♂が1羽、上の池にいました。以前は中央防波堤で繁殖したこともあるので、もしかして・・・。
・シギ・チドリ類・・・渡りもだいぶ落ち着いたのでしょう、下の池(淡水池)も静かになりました。この週末は、コチドリ、キアシシギ(写真)、ソリハシシギが見られました。そろそろシギはそろそろ見納めだと思います。
・ツバメ類・・・数は少ないですが、ツバメに混じって、イワツバメ、ヒメアマツバメを見かけました。
・オオヨシキリ・・・元気に囀っています。上の池で3箇所、下の池で2箇所見つけました。

・その他・・・下の池の干潟で、カニ達に混じってトビハゼを見かけました。海側の東の観察小屋が観察しやすそうです。

b0049363_1534597.jpg

(キアシシギ 2005年5月28日 下の池 撮影:中村忠昌)
[PR]
by choruien | 2005-05-30 15:37 | 鳥類園最新情報
 先週はTBF2005参加のため、更新できず申し訳ありません。また今週から更新していきますので、遊びに来て下さい。(忠)

・サギ類
 日中はちらほらと目に付く程度ですが、閉館後(6時ころ)に上の池に集まってきます。22日の夕方にはダイサギ・コサギ・アオサギにチュウサギも1羽加わって20羽以上になっていました。またよく見ると、ダイサギでもまだクチバシが黄色い個体が2羽いました。いつ変わるのかでしょう?
・シギ・チドリ類 
 渡りも大分落ち着いたようですが、まだまだ汽水池にはシギ・チドリの姿が楽しめます。キアシシギやアオアシシギの他、コチドリ、ソリハシシギ、セイタカシギが見られました。また、下の池では比較的珍しいキョウジョシギの1羽がみられたそうです(お客さま情報)。
・カモ類
 もうすっかり冬鳥のカモたちはいなくなりました。今見られるのは、なぜか夏にも残るホシハジロ(♂3♀1:22日)とカルガモです。カルガモはつがいで行動してます。来月には雛連れの姿が見られると思います。
・カモメ類
 海側に群れているコアジサシですが、時々鳥類園内にもやってきて、ダイビングをしています。22日には頭の真っ黒なユリカモメが1羽、上の池にやってきて杭の上で休んでいました。
・その他の水鳥類
 バンの姿がよく見られます。オデコの赤い成鳥で、体の黒、緑のヨシとのコントラストがなかなか洒落ています。今年は繁殖してくれないかな?

※お客様情報によると、下の池にクイナがいるそうです。もしかして繁殖も・・・?
[PR]
by choruien | 2005-05-23 13:18 | 鳥類園最新情報
 更新遅くなってごめんなさい。さて、先週でGWが終わりましたが、皆さんいかがでしたか?鳥類園はたくさんの方々に訪れて頂き大にぎわいでした。もちろん鳥の方も「期待に応えて?」くれたようです。特に下の池の擬岩からは50羽ほどのシギやチドリ、サギたちが飛び回り、カワイイ声も響いて最高の眺めでした。今週末は東京港野鳥公園で東京バードフェスティバルが開催されます。私たち生態教育センターも鳥類園の宣伝に行って来ます。もしお越しの際は、声を掛けて下さい。(忠)

・シギ・チドリ類 
 この週末は個体数が大分増えました。特にキアシシギは30羽を越えています。下の池(汽水池)の擬岩の観察窓が良いポイントです。この週末に観察できたシギ・チドリは以下の通りです。コチドリ1羽、オオハシシギ1羽、アオアシシギ9羽、キアシシギ34羽、イソシギ1羽、ソリハシシギ6羽、チュウシャクシギ4羽、タシギ4羽、セイタカシギ6羽
・カモ類
 越夏するホシハジロやスズガモだけでなく、キンクロハジロ、ハシビロガモ、コガモがまだ残っています。暑くないのでしょうか?
・猛禽類
 7日、ハヤブサがウォッチングセンター上空で見られました。
・コアジサシ
 海側に群れているコアジサシですが、時々鳥類園内にもやってきて、ダイビングをしています。
・夏の小鳥類
 オオヨシキリが上の池・下の池で鳴いています。上の池の通称「たんぼ」が観察しやすいです。8日は上の池上空でツバメにまじってイワツバメも飛んでいました。
・春の渡りの小鳥類
 上の池(淡水池)北側の樹林でセンダイムシクイが囀っていました。また、ウォッチングセンターの周辺ではコムクドリがで見られました。いずれも7日です。

※クロツラヘラサギはこの週末は確認できませんでした。
[PR]
by choruien | 2005-05-13 10:21 | 鳥類園最新情報

★GW速報(5/5分)

 先日に続いて、鳥類園GW特別速報です。(田)

・クロツラヘラサギ
 残念ながら5/3を最後に見られませんでした。また来てほしいですね~。
・キビタキ♂1羽
 確認できたのは♂の1羽だけでしたが、公園全体では♀も含めて数羽のキビタキがいるようです。
・コムクドリ
 キビタキ同様、園内ではよく見られるそうです。が、なぜか私はなかなか会うことができません。コムクドリに縁がないのでしょうか(泣)?
・コイカル
 5/4の朝、公園西側でコイカルが出たという情報をいただきました。私たちスタッフは「イカルのさえずりかな?」と思っていたのですが、どうやらコイカルだったようです。写真をとられた方もいたようです。また、同じ場所でセンダイムシクイの声も聴くことができました。
・コアジサシ
 海側に多いコアジサシですが、最近は下の池や上の池にも入ってきています。「白いツバメがいましたよ!」という来園者の声も聞かれました。
・シギ・チドリ類
 5/5は午前中から下の池(汽水池)がシギ・チドリでにぎわっていました。オオハシシギ1羽、キアシシギ14羽、アオアシシギ10羽、ソリハシシギ3羽、イソシギ1羽、ハマシギ2羽、チュウシャクシギ3羽、タシギ1羽、コチドリ2羽、メダイチドリ3羽、セイタカシギ10羽が見られました。下の池にハマシギが入るのは珍しいですね。
b0049363_133361.jpg
(■にぎわう下の池  2005.05.5 下の池・水門にて 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-05-06 13:02 | 鳥類園最新情報

★GW速報(5/3分)

 まだ火曜日ですが、連休ど真ん中なので、鳥類園GW特別速報です。(忠)

・クロツラヘラサギ1羽
 5/1に確認されたクロツラですが、今日は朝から東なぎさにいたようです。午前中はウォッチングセンターからは見られず、お客さまからの情報のみでしたが、夕方近くには西端にアオサギと一緒に休んでいるところを確認。特徴あるクチバシで体をかく様子などもみることができました。
・キビタキ♂1羽
 東側の観察小屋へ降りる道の途中で観察できました。さえずりではなく、「ピルルッ、ピルルッ」という地味な声で鳴いていました。
・シギ・チドリ類
 この季節、下の池(汽水池)の擬岩の観察窓の前は、シギ・チドリの観察ポイントです。オオハシシギはまだ1羽残っているほか、キアシシギ12羽、アオアシシギ6羽、イソシギ1羽、チュウシャクシギ3羽、コチドリ1羽、セイタカシギ7羽が見られました。お客さまからの情報では、タシギやソリハシシギもいたそうです。
[PR]
by choruien | 2005-05-03 21:30 | 鳥類園最新情報