葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報(11/7~8)

 この週末は、暖かかったせいか、たくさんのお客様に来て頂きました。しかも、最近話題のオオタカがアカマツの木にとまっている姿を、多くの方に見て頂くことが出来ました!

<野鳥情報>
・猛禽類・・・オオタカはどうやら成鳥1羽、幼鳥2羽がいるようです。このほか、チョウゲンボウ、トビ、ミサゴ(東なぎさ)が見られました。
・カモ類・・・・オオタカのせいで、上の池(淡水池)にはカモの姿がほとんどありません。ヨシの間には、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモなんかがいますが・・・。多くは東なぎさとの間の水路に逃げているようで、キンクロハジロなど140羽ほどの群がいました。沖にはスズガモの大群がいます。一見の価値ありです。
・シギ類・・・・土曜日(6日)には、アオアシシギ、セイタカシギのほか、コアオアシシギ1羽、オオハシシギ2羽が見られました。
・冬の小鳥・・・ジョウビタキがあちこちで鳴いているほか、オオジュリンやシメ、タヒバリもやって来ています。林の中にはトラツグミの羽も落ちていました。
・その他・・・・なんとギンヤンマ、アオスジアゲハ、クロアゲハがまだ飛んでいました。夜にはアブラコウモリも。

<お客様情報>
・カラシラサギ・・・8日、海側の水路の岸にいたそうです。このまま越冬してしまうのでしょうか?
・アリスイ・・・3日(文化の日)にいたアリスイは、4日までいたそうです。

<感謝!!!>
 8日の日曜日、「鳥類園友の会」のボランティアの方々が、上の池(淡水池)の通称「たんぼ」のヨシ刈りをして下さいました。皆さんお疲れさまでした。
[PR]
by choruien | 2004-11-08 18:19 | 鳥類園最新情報