葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★先週末の鳥類園(05.07.09~05.07.10)

 鳥たちの子育ても終盤にさしかかり、あちこちで色々な鳥のヒナを見かけるようになりました。あどけない姿はほほえましいですが、彼らにしたら、必死に生きようとしているのでしょう。見つけた時はそっとしてあげて下さいね。そうそう、北の国で育った幼いシギ達がもうすぐ渡ってきますよ。(忠)

・カモ類・・・カルガモは、7羽の雛をつれた親子が観察できました。ヒナはだいぶ大きくなって、親の半分を超えるほどに。ホシハジロは♂2羽♀1羽が残っていました。最近時々見られる土オカヨシガモが1羽、土曜日に確認できました。
・ゴイサギ・・・ホシゴイとも呼ばれる幼鳥が水門のところで見られました。頭の白い羽毛から、今年生まれだと思われます。別の場所では、白斑が少なくなり、頭がやや緑がかった若鳥も見られました。
・ミサゴ・・・9日、東なぎさの杭の上で、1羽を確認しました。ウォッチングセンターからは久しぶりの記録です。
・シギ・チドリ類・・・9日、コチドリ6羽が上の池の浅瀬で見られました。植生管理のために水位を下げていたところ、ちょうど良い餌場ができたようです。10日には、イベントでヨシ刈りをしたところにセイタカシギが1羽やってきて餌をとっていました。10日午後のガイドツアー中には、東なぎさへ飛んでいくチュウシャクシギ1羽を確認しました。
・コアジサシ・・・9・10日ともに、3羽が上の池の上空をとびまわり、盛んに小魚をとるためにダイビングをしていました。
・ツバメ類・・・9・10日ともに、ツバメの巣立ちビナが、上の池のヨシ原に群れていました。また、9日には、イワツバメ、ヒメアマツバメも確認しました。
・オオヨシキリなど・・・繁殖が一段落したのか、大分声が聞かれなくなりました。10日には、セッカが1羽、上の池で見られました。

<お客さま情報>
・ヨシゴイ・・・10日の朝に上の池で見られたそうです。
・アカガシラサギ・・・5日に、通称「たんぼ」に現れたそうです。綺麗な夏羽だったそうです。
b0049363_16301521.jpg
(■ゴイサギの幼鳥 2005.07.09 上の池 撮影:田中さん夫妻 )
[PR]
by choruien | 2005-07-12 12:56 | 鳥類園最新情報