葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報 (6/18~19)

 梅雨入りした関東地方ですが、先週末は雨が降らず、晴天に恵まれました。18日は定例のヨシ刈りイベントの実施日だったので、雨が降らずに一安心といったところでした。地元の方々を中心としたグループ・鳥類園友の会さんの協力もあり、だいぶ見違えましたよ。一度見にきてくださいね。(田)

・カイツブリ・・・18日、とうとうヒナ連れのカイツブリが見られました。見られたヒナは1羽のみでしたが、親鳥と一緒に上の池を泳いでいました。昨年は親鳥の背中に乗っている姿を確認できましたが、今年もこのような光景が見られるでしょうか?
・ゴイサギ・・・19日、完全な成鳥と昨年産まれたと思われる幼鳥の計2羽のゴイサギが下の池で観察できました。本来なら夜に活動することが多い夜行性の鳥ですが、この日は午前中朝早くから見られました。ゴイサギの成鳥は、背中が緑黒色でお腹が白く、垂直姿勢でとまることが多いので、ペンギンのように見えるんですよ。
・セイタカシギ・・・繁殖が終わった個体でしょうか?1羽の♀が18日の夕方と19日の午前中に下の池で見られました。ヨシ刈りイベントで管理した場所で採餌をしていたので、私たちの嬉しさもひとしおでした!
・オオヨシキリ・・・いつものとおり元気に囀っています。ウォッチングセンター2階から望遠鏡を使ってさえずる姿を観察できますよ。
・カワセミ・・・繁殖期である4月に入ってから、鳥類園ではあまりカワセミを見ることができなくなっていましたが、18,19日と続けて観察することができました。上の池と下の池を結ぶ水門で見られたのですが、すぐに飛んでいってしまったため、オスかメスであるかもわかりませんでした。もしかしたら、巣立って間もないヒナだったのかもしれませんね。
b0049363_1332973.jpg
 (■ヨシ刈りイベントの様子 2005.06.18 下の池 撮影:小林 )
[PR]
by choruien | 2005-06-20 13:04 | 鳥類園最新情報