葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報 (6/11~12)

 とうとう梅雨入りしましたね。生きものにとっては恵みの雨となるのでしょうか。今年は平年通りの梅雨模様になるという予報が出ていますが、ワガママを言えば鳥類園に入る週末だけは晴れてほしいと思ってしまいます。(田)

カイツブリ・・・先週に続いて上の池(淡水池)で、巣に座っている個体をみつけました。卵を抱いているのかどうかは確認できませんでしたが、ヒナ連れの姿が見られる日が来るのを願ってやみません。
ゴイサギ・・・11日の午前中に下の池を飛翔しているのを確認しました。他のお客様からササゴイを観たという情報をいただきましたが、スタッフが確認することはできませんでした。昨年、常連さんの心を躍らせたヨシゴイが観られるのはもう少し先でしょうか?
ホシハジロ・・・本来ならシベリアの方に渡っていってしまうはずのカモですが、鳥類園では夏場も少数のホシハジロが見られます。11日は下の池で採餌している個体が観察できました。
・シギ・チドリ類・・・今週はキアシシギ、コチドリが下の池で1羽ずつ見られただけでした。先月鳥類園で見られた他のシギたちは、今頃子育ての真っ最中でしょうか?!
オオヨシキリ・・・いつものとおり元気に囀っています。ウォッチングセンター2階から望遠鏡を使ってさえずる姿を観察できますよ。
ハシブトガラス・ハシボソガラス・・・普段はあまり鳥類園では見かけない2種ですが、孵化したてのヒナを狙っているのか?、上の池、下の池上空を飛んでいることが多いです。彼らは本当に知恵者ですね。
[PR]
by choruien | 2005-06-12 22:29 | 鳥類園最新情報