葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報 (5/28~29)

 この週末は、春の渡りも一段落して、ちょっと落ち着いた鳥類園でした。それでもカルガモが雛を連れていたり、池の岸の草むらにはイトトンボが群れていたり、生きものの季節は、着々と夏に向かって進んでいるようです。そろそろカイツブリも雛を連れて出てきて欲しいですね。(忠)

・カモ類①・・・雛を連れたカルガモが、上の池(淡水池)と東なぎさとの水路で見られました。それぞれ5羽、3羽の雛を連れていました。どちらもまだヒヨコのような大きさでした。これからすくすくと大きくなりますよ。
・カモ類②・・・いつまでも北に帰らないホシハジロに混じって、土曜日はオカヨシガモの♂が1羽、上の池にいました。以前は中央防波堤で繁殖したこともあるので、もしかして・・・。
・シギ・チドリ類・・・渡りもだいぶ落ち着いたのでしょう、下の池(淡水池)も静かになりました。この週末は、コチドリ、キアシシギ(写真)、ソリハシシギが見られました。そろそろシギはそろそろ見納めだと思います。
・ツバメ類・・・数は少ないですが、ツバメに混じって、イワツバメ、ヒメアマツバメを見かけました。
・オオヨシキリ・・・元気に囀っています。上の池で3箇所、下の池で2箇所見つけました。

・その他・・・下の池の干潟で、カニ達に混じってトビハゼを見かけました。海側の東の観察小屋が観察しやすそうです。

b0049363_1534597.jpg

(キアシシギ 2005年5月28日 下の池 撮影:中村忠昌)
[PR]
by choruien | 2005-05-30 15:37 | 鳥類園最新情報