葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報 (5/21~22)

 先週はTBF2005参加のため、更新できず申し訳ありません。また今週から更新していきますので、遊びに来て下さい。(忠)

・サギ類
 日中はちらほらと目に付く程度ですが、閉館後(6時ころ)に上の池に集まってきます。22日の夕方にはダイサギ・コサギ・アオサギにチュウサギも1羽加わって20羽以上になっていました。またよく見ると、ダイサギでもまだクチバシが黄色い個体が2羽いました。いつ変わるのかでしょう?
・シギ・チドリ類 
 渡りも大分落ち着いたようですが、まだまだ汽水池にはシギ・チドリの姿が楽しめます。キアシシギやアオアシシギの他、コチドリ、ソリハシシギ、セイタカシギが見られました。また、下の池では比較的珍しいキョウジョシギの1羽がみられたそうです(お客さま情報)。
・カモ類
 もうすっかり冬鳥のカモたちはいなくなりました。今見られるのは、なぜか夏にも残るホシハジロ(♂3♀1:22日)とカルガモです。カルガモはつがいで行動してます。来月には雛連れの姿が見られると思います。
・カモメ類
 海側に群れているコアジサシですが、時々鳥類園内にもやってきて、ダイビングをしています。22日には頭の真っ黒なユリカモメが1羽、上の池にやってきて杭の上で休んでいました。
・その他の水鳥類
 バンの姿がよく見られます。オデコの赤い成鳥で、体の黒、緑のヨシとのコントラストがなかなか洒落ています。今年は繁殖してくれないかな?

※お客様情報によると、下の池にクイナがいるそうです。もしかして繁殖も・・・?
[PR]
by choruien | 2005-05-23 13:18 | 鳥類園最新情報