葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報(3/19,20,21)

 この3連休は晴天に恵まれましたね。暖かい日が続き、本格的な春の到来を感じました。この気候にほだされたのか、先週まで2000羽以上いたカモのうちの半分以上がいなくなってしまいました。これからだんだんとカモの数が減っていってしまうと思うと、少し寂しい気もします。ですが、別れがあれば出会いもあり。下の池には、夏のお客さであるコチドリがやってきました。(田)

・カモ類①・・・上述した通り、先週は2000羽以上いたホシハジロですが、今週は1000羽以下になっていました。20日(日)には、なぜかお昼までの間にほとんどのホシハジロが移動してしまったため、お正月の町中のようにガラガラの上の池になってしまいました。

・カモ類②・・・20日、21日とパンダガモことミコアイサの♂1羽と♀4羽が見られました。♂1羽を♀が取り囲むというハーレム状態でした。その他のカモでは、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモなどが観察できました。

・その他の水鳥・・・コチドリが下の池・擬岩の観察窓の前で見られました。19日(土)には2羽しか見られませんでしたが、21日(月)には7羽以上も見られました。黄色いアイリングがしっかりと目立つ夏羽になっています。その他、セイタカシギやタシギも観察できました。

・小鳥類①・・・先週に続いて、ウグイスのさえずりが聞こえてきます。ウォッチングセンターの周りの樹林帯がなわばりなのか、建物内にいてもよく聞こえます。

・小鳥類②・・・ツグミ(写真)、ジョウビタキ、アカハラ、シロハラなどの冬鳥もまだまだ見られます。運が良ければ普段は聞くことができない繁殖期前のさえずりを聞くことができるかもしれません。

・小鳥類③・・・トラツグミが相変わらず北側の樹林地で観察できます。残念ながらツリスガラ、アリスイは確認できませんでした。これらの鳥はいつまで鳥類園にいてくれるのでしょうか?
b0049363_07019.jpg
(ツグミ ■2005.03.19 下の池南側園路 撮影:田邉 )
[PR]
by choruien | 2005-03-23 00:06 | 鳥類園最新情報