葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報(2/11~13)

 えー、人の世はバレンタイン直前で「春」でしたが、生きもの達の世界も「春」に向けて静かに動きだしているようで、上の池のホシハジロの数が目に見えて減っていました(もう北への移動が始まったのでしょうか?)。これからも寒さに負けず、「春」を探していきたいと思います。では先週の情報です。(忠)

・猛禽類・・・オオタカの幼鳥1羽と、チュウヒ2羽が見られました。トビも上空を飛んでいました。最近、ハヤブサやミサゴを見ていませんが、どなたか見ましたか?
・カモ類・・・いままでホシハジロがほとんどの上の池に、最近他のカモも目につくようになってきました。都内では比較的珍しいオカヨシガモも8番ほど見られました。皆さんが気になるミコアイサは雌が4羽見られたほか、雄1羽が11日、上の池にいたそうです(お客様情報)。
・タシギ・・・上の池(淡水池)の通称「たんぼ」や下の池(汽水池)のウォッチングセンターよりの観察小屋から、それぞれ5羽前後が見られました。最近数が増えて来ましたが、もう渡りが始まり移動している個体でしょうか?lくちばしを水中に突っ込み、ひたすら餌をあさっていました(写真)。
・クイナ・・・13日(日)に上の池(淡水池)の通称「たんぼ」で、ヨシ原の間を横切る個体を一瞬だけ見ました。11日には、下の池のウォッチングセンターよりの観察小屋から見られたそうです(お客様情報)。
・カワセミ・・・雌を1羽、下の池の擬岩の観察窓から確認しました。
・小鳥類(樹林)・・・アカハラ、シロハラ、ジョウビタキ、アオジなどの常連のほか、トラツグミも11日(金)に確認しました。
・小鳥類(ヨシ原)・・・オオジュリンの他、ホオジロ、メジロ、シジュウカラ、スズメが潜んでいます。茎の皮の下にいるカイガラムシを食べているようです。調べてみたら「ビワコカタカイガラモドキ」というらしいです。どなたか詳しい方がいらしたら、確認して頂けないでしょうか?

b0049363_1755071.jpg

(タシギ 2005年2月13日 上の池 通称「たんぼ」 撮影:中村忠昌)
[PR]
by choruien | 2005-02-16 18:00 | 鳥類園最新情報