葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

■冬でも会えるシギ-イソシギ-

 春・秋の渡りの季節にはシギ・チドリであふれかえり、バードウォッチャーを楽しませてくれる下の池も、この季節にはほとんど鳥が見られなくなります。
その分目立つのが、カイツブリかオオバン。じっくりと観察できるチャンスかもしれません。
 そして、もう一種類見逃せないのが、尾を振る仕草がとてもキュートなイソシギです(写真)。日本で冬を越すのでこの季節でも姿を見ることができるのです。このイソシギには、擬岩の観察窓の岩場で会えることが多いようです。鳥の少なくなったこの時期に、このイソシギに会えるとホッと心が和みます。尾をフリフリとふる仕草がとてもかわいいんですよ~。
擬岩の観察窓にお寄りの際にはカワセミとともに、イソシギを探してみてください。(田)
b0049363_1040184.jpg
(2005年1月30日 下の池 撮影:中村忠昌)
[PR]
by choruien | 2005-02-01 10:40 | 鳥類園ミニ写真館