葛西臨海公園・鳥類園の旬の情報をお知らせします。(写真はラブリーなカルガモの親子です)


by choruien

★週末の鳥類園 野鳥情報(11/13~14)

 気温の差が激しかったこの土・日でしたが、皆さん風邪などひいていませんか?鳥類園では、上の池がカモに埋め尽くされそうです。あの景色をみると、「冬だなあ~」と思ってしまいます。(中村忠昌)

●猛禽類・・・相変わらず、オオタカ(幼鳥が2羽)が居着いてます。園内のアカマツの木を移動しながら、その姿を来園者の方にもサービスしています。土曜には、オオバンを捕らえたようです。東なぎさでは、チュウヒが2羽、ミサゴが1羽、ハヤブサが1羽見られました。
●カモ類・・・上の池(淡水池)にはホシハジロが1200羽ほどの群でやって来ています。キンクロハジロやスズガモも混じっています。コガモやオナガガモなどはヨシの中に隠れていて、ちょっとみつけにくいです。
●カワセミ・・・土日ともに出ています。2羽はいるようですよ。
●小鳥類・・・モズ、ジョウビタキは相変わらず元気な声を響かせています。茂みの中からはアオジ、ウグイスの声もしています。ヨシの中をよく見るとオオジュリンも。
●その他の冬鳥・・・東なぎさでは、ズグロカモメ1羽、タゲリ1羽が確認できました(川原様、いつもありがとうございます)。沖のスズガモの群の中には、カンムリカイツブリの白い姿と、少し小さなハジロカイツブリもみつけることができます。

<おまけ>
16日、シロハラ♂1羽、上の池・下の池の境で確認しました。
[PR]
by choruien | 2004-11-15 16:56 | 鳥類園最新情報